妻との相談がポイント!不動産の売却を検討した経験

売ろうかな、やめよかな

妻との相談がポイント!不動産の売却を検討した経験 : 不動産一括査定ランキング

売ろうかな、やめよかなやっぱり売ろう!やっぱりやめよう。

不動産売却について、何度か真剣に悩んだ経験があります。
もともとは賃貸物件に住むことを好んでいたのですが、妻が自宅を所有したいという要望を持っていたので、マイホームを購入することになりました。
その結果、賃貸物件に住むのであれば必要のない多額の費用が発生し、一時的に貯金が底をついたような状態になったのです。
貯金がない状態に恐怖を感じる性格なので、すぐにマイホームを売却したい衝動に駆られたことを覚えています。
もちろん、そのときは安易に売るような選択はしませんでした。
しばらくすると売りたい気持ちは頭から消えていたように感じます。
妻が幸せそうに暮らしているのを見ると、マイホームを所有するのも悪くないと考えるようになっていたからです。
ところが、また手放してお金を確保したいという衝動が強くなる時期がありました。
それは2人目の子どもが生まれたタイミングです。
そのとき勤めていた企業では、マイホームを購入してさらに子どもが多くなると、高確率で転勤を命じられるという噂がありました。
ローンの返済や教育費のために稼ぐ必要があるため、退職できないことを見越しての命令です。
地元や家族から離れるのが嫌だったので、売却して得たお金でローンを早く完済したいと考えるようになりました。
このときは妻に説得されて、売るのを断念した経緯があります。
あくまでも噂にすぎないので、気にしなくて良いというのです。
賃貸物件に引っ越せば、より簡単に転勤させられると妻は考えていました。
当時の自分はその意見が正論に感じられたので、売却には至らなかったと記憶しています。
確かにその後、賃貸物件に住んでいる先輩が転勤させられたので、このときの考えは間違っていなかったのでしょう。
これ以降、しばらくの間はマイホームを手放すことを考えなくなりました。